池の中から声がきこえる、ずぶ濡れの男女の霊が出るといった噂がある。

かつて松浦頼母という人物が、子宝に恵まれず、赤松池大明神に願掛けをしたところ女の子が生まれ「お初」と名づけた。お初が成長し嫁に行く直前「赤松池大明神へお参りさせて欲しい」と言うので現地に向かうとお初は腰から下が蛇となってしまい渦巻きと共に池の中へ消えてしまった、と言う伝説がある地。
鳥取県西伯郡大山町赤松[map lat="35.4165921" lng="133.4739641" width="800" height="600"]