光源寺

光源寺
光源寺

産女(うぐめ)という霊の木の彫像、幽霊の掛け軸があるという。

母親は埋葬された後に子供を産み、三途の河の渡し賃である六文銭で飴を買って赤ん坊に与えていたといった言い伝えがある。それから光源寺ではその女を産女と名づけ、死んでもなお子供を育てる母親の強い想いに尊敬の念を込め彫像と掛け軸の形で奉っているということだ。[cc id=5875]

長崎県長崎市伊良林1丁目4 光源寺[map lat=”32.7502881″ lng=”129.8866373″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。