オカルトオンライン

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット

「リィンカーネーションの花弁」の記事一覧

新着

軍神か?鬼神か?日本が誇る不死身の最強軍人・舩坂弘

第二次世界大戦中、圧倒的に不利な状況で日本とアメリカの激戦区となった『アンガウルの戦い』。この戦いで多くの兵士が命を落とす中、『不死身の分隊長』・『鬼神』とまで呼ばれた舩坂弘軍曹はその武術もさることながら、驚異的な回復力と幸運により奇跡的に生還し静かな余生を過ごしていました。 学校の授業では語られることはありませんが、その戦績を戦史に刻まれたのは彼一人。世界的に有名な『シモ・ヘイヘ』や『ハンス・ウルリッヒ・ルーデル』と並び、リアルチート軍人とまで呼ばれています。しかし敵軍であるアメリカ兵からはその生存能力の高さや国を思う気持ち、1人でも一矢報いようとする姿勢などから称賛を浴び、アメリカ軍の軍医と戦友になったほど。 一体舩坂弘とは、どんな人物だったのでしょうか。そして彼が戦い抜いたアンガウル島での戦いとはどのようなものだったのでしょうか。

ソ連はおろか味方のヒトラーですら恐れたWW2最悪の人外撃墜王!ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

世界三大リアルチート軍人のひとりでありエースパイロットとして有名な空の魔王・ハンス・ウルリッヒ・ルーデルは、その能力は1人で一個師団に当たるとも伝えられているんです。ドイツでは英雄とたたえられその戦果は世界記録となっているだけででなく、彼の逸話は嘘と虚言にまみれたあのアンサイクロペディアでさえ、多くの本当のことを書かざるを得なかったほど。

白い死神と呼ばれたリアル・ゴルゴ13!シモ・ヘイヘ

舩坂弘やハンス・ウルリッヒ・ルーデルとともに3大リアルチート軍人と一部では呼ばれ、故郷ではその戦果を『コッラーの奇跡』として現代まで語り継がれています。その当時敵軍だったソ連(現ロシア)からは『白い死神』と恐れられ、日本ではその業績と所属から『リアルゴルゴ13』とまでいわれる歴史上最強のスナイパーたシモ・ヘイへ。