韓国人にだけ見られる「火病」

「火病」という言葉を知っていますか?ひびょう・ファビョンと呼ばれる現状なのですが、文化依存症候群のひとつです。

文化依存症候群とは、ある特定の文化圏や地域、民族などによく見られる精神的な障害やその症状のことです。世界中にこの文化依存症候群がみられるのですが、今回スポットを当てるのは韓国人に見られる「火病」です。

精神疾患のひとつとされており、韓国人に顕著に現れているそうです。

 

火病の症状は?

画像:Pixabay

火病について米精神医学会『精神障害の診断と統計マニュアル』の巻末附録「文化的定式化の概念と文化と結び付いた症候群の用語集」では

「韓国人にだけ現れる珍しい現象で、不安・うつ病・身体異常などが複合的に現われる怒り症候群」

と定義されています。

火病はお腹に火の玉があがるような怒りを覚える現状で、疝痛や動悸、息苦しさなどの身体的な症状を伴うこともあるそうです。火病の原因は怒りを抑圧しすぎること…抑圧した怒りが爆発して起こるとされています。ずっと黙ってきた我慢していた恨みの感情が怒りとなって一気に押し寄せるもので、普通の「怒り」とは次元が異なる…いわゆるキレるような状態になります。

韓国人がよく感情的になって泣いたり喚いたり叫んだりしている映像がありますが、時に「そんなに怒る?」って思うことがありませんか?ヒステリックになったり、感情的になることは誰にでもありますが、韓国人のそれはちょっと別格…。

びっくりするような怒り方をしている韓国人はもしたしから火病の症状が出てしまっているのかもしれません。
ちなみに、“韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む…その原因は?”によると、韓国人の90.18%が火病の経験があるんだそうです。

韓国人のほとんどが火病?!

画像:Pixabay

文化依存症候群の場合、ある特定の地域や文化圏、民族によくあられるものではあるのですが、韓国人はほとんどが火病だそう。

先ほどご紹介したとおり男性の約9割が火病の経験があり、そして火病患者の8割は女性であると言われています。韓国では文化的に女性が抑圧され男尊女卑の歴史が文化が根強いため、女性は抑圧されやすく火病の原因になっているのではないかという節もあるんだとか。また、男女問わず周囲との調和を大切にする国でもあるため、抑圧されやすい環境がありそれが火病の原因と考えられています。

抑圧されること…他の国でもありそうですが、なぜ韓国人だけが異常なほどに怒りを爆発させる火病になるのでしょうか。

火病の原因は遺伝子だった?!

抑圧されることで発症するという韓国人の火病ですが、その原因は、環境だけでなく遺伝子にあるという説もあります。韓国人特有の遺伝子…つまりDNAに特異性がありそれが火病の原因ではないか…というのです。韓国人の遺伝子の特異性についてはアメリカ食品医薬品局(FDA)からも2014年に報告がありました。

 

米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きな Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。

引用 あほうどりのひとりごと

 

これはどういうことか…李氏朝鮮の記事でご紹介した、娘が嫁に行くときに妊娠させて嫁に出すという試し腹はいわゆる近親相姦です。その文化を繰り返すことで生まれたDNAが、韓国人の火病と何らかの関係があるのではないかと考えることもできます。

どうしてあんなに怒るのか、どうして世界中のすべてものを韓国起源だとうそぶくのか、日本の震災をお祝いするとか、スポーツの大会で相手を貶めるような応援ができるのか…。

もしこれが遺伝子のせいだとすれば、恐ろしい話です。

参考資料:
kakikomi
朝鮮人の遺伝子の特異性を明確に示す論文(アメリカ食品医薬品局)の内容紹介
The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0  

火病はもしかすると遺伝子レベルのものかもしれない…

目に見えないものに神経を侵されて苦しめられる病も恐ろしいものですが、遺伝子レベルとなると更に恐ろしいものです。遺伝子というひとつのデータに精神が支配されている…。考えるとぞっとしてしまいます。

まとめ

狂ったように怒る韓国人の火病…抑圧が原因とされていますが、韓国人の遺伝子の特異性との関係も否定できません。

文化依存症候群はほかの地域にもみられる現状ですから、遺伝子が何からの影響を与えている可能性はゼロではありません。

遺伝子というデータに精神が支配されている…としたら…。

 

[amazonjs asin=”4315521493″ locale=”JP” title=”Newton別冊『精神科医が語る 精神の病気』 (ニュートン別冊)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。