超有名オーパーツ「クリスタル・スカル(水晶ドクロ)」の謎

オーパーツの中で最も有名と言っても過言ではない「クリスタル・スカル」。

これはマヤ文明の遺跡から出土された、クリスタルで作られた人間の頭蓋骨の形をしたものです。

この「クリスタル・スカル」はたいへん精密に作られており、現在の科学技術を用いても作ることが難しいといわれているのです。

その中でも最強な「クリスタル・スカル」が「ヘッジス・スカル」と呼ばれるものです。

今回はもっとも有名なオーパーツ「クリスタル・スカル」の中でも最強の「ヘッジス・スカル」について詳しく解説していきたいと思います。

クリスタル・スカル(ヘッジス・スカル)の伝説の始まり

1927年、探検家のミッチェル・ヘッジスとアンナはマヤ文明の遺跡を探索していました。

すると、ルバントゥンという町の廃墟にある祭壇の下で、光り輝くものを発見します。

気になった二人はそれを掘り起こしてみると、それは水晶で作られた人間の頭蓋骨の形をしたものが出てきたのです。

1970年代後半にアンナはこの水晶製ドクロを「クリスタル・スカル(別名:ヘッジス・スカル)」と名付け、ヒューレット・パッカード社へ持ち込んだのです。

そこで分析を依頼し、詳細について知ることにしました。

その分析結果は、頭蓋骨と下顎は同じ水晶で作られており、工具を使った形跡は見当たらないという驚きの結果が出たのです。

それだけではなく、工具を使わないで、手作業で「クリスタル・スカル」を作るとなると約300年かかるという結果も出たのです。

そもそも、水晶は自然軸に沿って削らなければいけないため相当手間がかかるそうです。

ほしい人が多数いるそうです!飾りとして飾ってみてはいかがでしょうか?

[amazonjs asin=”B07PY3L86T” locale=”JP” title=”クリスタル スカルヘッド クリア Translucent Clear Skull”]

「クリスタル・スカル(ヘッジス・スカル)」の伝説

アメリカの先住民族の言い伝えによると、「クリスタル・スカル」は全世界で13個存在していて、これがすべて集め、決められた法則の元配置すると「人類の起源、目的、運命、生命と人類への解答、地球の歴史」が得られるといわれているのです。

「クリスタル・スカル(ヘッジス・スカル)」の矛盾点

合計13個のスカルが存在するといわれていますが、現時点で伝えられているスカルの数は13個以上あるのです。

その他種類のクリスタル・スカル

・ブリティッシュ・スカル   

・ヘッジス・スカル

・パリス・スカル

・レインボー・スカル

・ETスカル

・マックス・スカル

・シャ・ナ・ラー・スカル

・マヤ・スカル

アメジスト・スカル

・ローズ・スカル

・カース・スカル

57ポンド・スカル

・ヘルメス・スカル

・イカボッド・スカル

・マドレ・スカル

・マハサマトマン・スカル

 

解明された「ヘッジス・スカル」の謎

長年信じられていた「クリスタル・スカル」ですが、謎が解かれたのです。

発見当初は現代の技術では現代の技術では製作することは不可能とされていましたが、さらに詳しい調査をしてみた結果、機械で削られた跡が見つかったのです。

その結果19世紀以降に作られたことが判明したのです。

生産地として有力視されているのが、ドイツのイーダー・オーバーシュタインという町で、中世以来世界的に知られていた石細工の中心地で多くの水晶加工職人がいたことが分かっています。

キレイで素敵なクリスタル・スカルはこちらにありますよ!

[amazonjs asin=”B07ZLZN7FQ” locale=”JP” title=”スカル2.0インチ イエローアイス翡翠クリスタルスカル、手彫りの宝石ファインアート彫刻、レイキヒーリングストーン像。”]

アンナにかけられた不審点

アンナは発見当初その場にはいなかったといわれているのです。

ヘッジスが探検に行ったときに取られた写真にアンナが写ったとされる写真が一枚も出てこなかったのです。

肝心な「クリスタル・スカル」の写真も出てこなかったのです。

1943年のオークションカタログに「ヘッジス・スカル」が?

1943年のオークションカタログに「ヘッジス・スカル」が出品された記録が残っていたそうです。

それを落札したのが、第一発見者のミッチェル・ヘッジスだったのです。

オークションに出品される前は、イギリスのコレクターが所有しており、そのコレクターが別のコレクターに売り、1993年にイギリスで美術商をしていたシドニー・バニーという人物が買い取り、所有していたのです。

シドニー・バニーがオークションに出品したが、希望額で落札されなかったた自己落札し、その後ミッチェル・ヘッジスが400ポンドで買い取ったのです。

このスカルは1959年のヘッジスが亡くなるまで自身で所有しており、亡くなった後はアンナが引き継ぎをしたそうです。

その後アンナも2007年で亡くなり、現在はアンナの元夫ビル・ホーマンが所有しているそうです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

この、オーパーツについての都市伝説はつい最近まで筆者も信じていました。

まさか、自作自演だとは思いませんでした。

世界的にも知られているオーパーツなので少し残念ですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。