アメリカは世界一の軍事力と経済力を誇る大国です。

日本はアメリカとは同盟関係にありますが、過去の歴史を考えると複雑な心境になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アメリカという国は歴史が浅い新しい国家・・・自由で夢があるという良いイメージもありますが、その一方でアメリカという国はイルミナティなどの陰謀論に支配されている国という見方もあります。

世界中で起ってきた様々な大事件を"予言していた"とされるイルミナティをはじめとする秘密結社は存在すると思いますか?

世界中に"秘密結社"がある?

秘密結社とは、組織内の活動などやその存在などを隠している団体のことです。秘密結社というとなんとなく怪しい感じがしますが、別に違法なことや非人道的なことをしているという意味ではありません。

世界には様々な秘密結社があるとされていて、

CSIS

八咫烏

イルミナティ

フリーメイソン

日本会議

ローマ協会

ディープステイト

裏天皇

などなど、聞いたことがある名前もあるのではありませんか?

フリーメイソンやイルミナティは有名ですよね。イルミナティはアダム・ヴァイスハウプトが設立した秘密結社と言われていますが、秘密結社そのものは古代バビロンにも存在したと言われています。

ヒトラーやレーニンなどの歴史上の人物の秘密結社のメンバーだったと言われており、秘密結社は時に世界を動かしてきたという見方もできます。

その一方で「秘密結社などあるものか」という意見もある・・・活動の内容を後悔していないのが秘密結社ですから、存在の有無そのものが議論になることもあるのです。そのくらいミステリアスな存在だということですね。

トランプ前大統領の支持者によるアメリカ連邦議会議事堂占拠と秘密結社

 

トランプ前大統領の熱狂的な支持者による占拠・・・もともと「選挙は盗まれた」とか「不正があった」と主張してきたトランプ前大統領。アメリカで続いてきた敗北宣言をしないまま、アメリカの大統領はバイデン氏へと以降しました。

いめんな意味で歴史に名を残したトランプ前大統領ですが、トランプ前大統領の熱狂的な支持者の中には「陰謀論」を信じて疑わない人もいるんだとか・・・。

この事件の不可解さは、トランプ支持者がQアノンなる陰謀論を信じていることにある。この陰謀論では、「アメリカはディープステイト(闇の政府)に支配されており、トランプはそれと闘っている」とされる。彼らにいわせれば、「選挙を盗んだ」のもディープステイトの策略ということになる。


 ディープステイトとはいったい何なのか? 諸説あるものの、この用語が広く知られるようになったきっかけは、NSA(国家安全保障局)、CIA(中央情報局)の元局員で、政府がアメリカ国民に対して組織的な監視活動を行なっていることを告発したエドワード・スノーデンのようだ。スノーデンは、行政権力が法や倫理を無視して歯止めなく監視・統制を強めていく実態を「ディープステイト」と呼んだ。

引用:建国以来、アメリカ人はイルミナティなど 「秘密結社の脅威」に取り憑かれてきた 【橘玲の日々刻々】 - ライブドアニュース

つまり秘密結社によって、選挙が盗まれたというのです。

秘密結社にそれほどの力や影響力があるのはさておき、こうした陰謀論を信じてアメリカ連邦議会議事堂占拠のような大胆で危険な行動を取ってしまったとしたら・・・ちょっと驚きです。

アメリカという自由の国は、世界の超大国でもあり、そして秘密結社のような陰謀論がまことしやかにささやかれているミステリアスな国ともいえます。

新型コロナウイルスが世界を混乱に落とし入れている中でも様々な陰謀論がまことしやかににささやかれています。

陰謀論は真実なのか、それとも信じるものではなく楽しむものなのか・・・あなたはどう考えますか?