インターネット掲示板では様々な都市伝説や怖い話が生み出されてきました。

その中でもずば抜けて不気味さを出しているものがあります。

それが今回紹介する「くねくね」の噂です。

この記事では「くねくね」の概要から体験談まで詳しく解説していきます。

「くねくね」の概要

2003年頃から日本のインターネット上から発生した怪談・都市伝説です。

同時的に多発したことから話題を呼びました。

海外で言うと「スレンダーマン」的な存在とされています。

「くねくね」は21世紀が生み出した近代的妖怪の一つだといわれています。

[amazonjs asin="B00E99N7FI" locale="JP" title="怖い話"]

「くねくね」の特徴

「体をくねらせるような不規則な動きをしている正体不明の物体」

形状としては人間の体の形に似ていて、色は真っ白であることが多いです。

まれに、黒っぽい「くねくね」を目撃したという声があります。

多く目撃される時期は、夏の暑い日の田舎の水田や川原など内陸の水辺であることが多いそうです。

まれに海辺で見かけることもあるそうです。

どちらも水が関係している場所なので、水が大きなカギを握っていると考えられます。

「くねくね」の多くは少し離れた場所、水平線や地平線が見える場所など、遠くからしか見えることができません。

至近距離で目撃した人は少ないそうです。

「くねくね」による被害

「くねくね」をただ目撃しただけでは特に害はありません。

しかし、「くねくね」を目撃した場所や土地柄、地元民の口コミの調査などを行い、深く調査をしてみた結果、目撃者は精神に異常をきたすといった話も入ってきました。

特に至近距離で目撃してしまった場合は高確率で精神に異常をきたすそうです。

「くねくね」の正体

夏場の水辺で多く目撃されることから、水が蒸発するときに発生する水蒸気による、蜃気楼が映し出されて、それが人間の形に見えという説です。

夏の田園で見かけることがおいため、案山子(かかし)の見間違い説も多く上げられます。

「くねくね」の体験談

「くねくね」とは田や川の向こうなどに見える白または黒のくねくね動く存在であり、その正体を知ると精神に異常をきたす、とされています。ネット上でくねくねについて言及された一番最初の投稿とされるのは次のような話です。

「これは私の弟から聞いた話であり、弟の友達のA君の実体験である。A君が彼の兄と一緒に母の田舎に遊びに行った。外は晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃。A君のお兄さんが窓から外を見ていると真っ白な服を来た人がいて、人間とは思えないような動き方でくねくね踊り始めた。A君もお兄さんも、最初はそれが何なのかわからなかったが、やがてお兄さんはわかったらしい。しかしA君が「お兄ちゃん、あれは何なの。わかったなら教えて」と聞くと「わかった。でもわからない方がいい」と、答えてくれなかった。今でもA君にはわからないという。私は「お兄さんにもう一度聞けばいいじゃない」と言うと、弟が答えるには「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ」

引用:Wikipedia

まとめ

いかがだったでしょうか?

人間は得体の知れないものや不規則な動きをしている物体に恐怖心を感じたりすることがある傾向にあるそうです。

多くの怪談話を生んできた2chでは、嘘か本当かは別として、今でも語り継がれている怪談話がたくさんあります。

例えば、八尺様やきさらぎ駅、犬鳴村などは有名ですよね。

これからも、多くの恐怖体験などを生んでくれると期待したいですね。

「くねくね」についての怖い話はネット上にたくさん公開されているので、この記事を読んで少しでも興味が沸いた方は是非読んでみてください。

下に、当サイトでも紹介している「八尺様」と「犬鳴峠(犬鳴村)」についての記事も貼っておくので興味の沸いた方は是非読んでみてください!