アイキャッチ出典:GoogleMap

宮城県でトップクラスに怖い心霊スポットと称される「八木山橋」について紹介していきたいと思います。

八木山橋では数多くの飛び降り自殺が発生しており、現在はそれを防止するため「有刺鉄線」「フェンス」の建設まで施されているのです。

かつて「アンビリーバボー」でも特集が組まれる予定だったのですが、中止になったんだとか・・・

今回はそんな怖い噂が絶えない「八木山橋」について詳しく紹介していきたいと思います。

自殺者の数が多すぎる

全国には自殺の名所兼心霊スポットと言われている場所が数多くありますが、今回紹介する「八木山橋」は本当にやばい!と言われるほど恐ろしい場所になります。

この場所が心霊スポットだと言われる理由は、この場所では「多くの飛び降り自殺が発生している」ことが直接的に関係しているのではないでしょか?

もしかしたら、そこで自殺した霊が新たな人を呼び寄せているのかも知れませんね・・・?

自殺のみならず事故も多発している

八木山橋では自殺のみならず事故も多発しているのです。

日中は人通りや車通りも多く、心霊スポットという印象は見受けられません。

しかし、異常に高いフェンスなどがあることによって「この場所は本当にやばい」という雰囲気を醸し出しています。

大学のキャンパス等があり、車による交通量が多いことが事故の原因だとして考えられていますが、このほかにもなんらかの原因がありそうですよね。

この場所を訪れる時は、車のスピードを落として安全運転で通り過ぎましょう。

テレビ局が放送をNGした!?

一時期『奇跡体験!アンビリーバボー』にて「心霊特集」を組んでいたのを覚えていますでしょうか?

あの特集で今回の記事の「八木山橋」についての情報提供をした人物がいたそうです。

しかし、アンビリーバボーの製作者側が投稿された内容と動画を見た結果「テレビで放送することができない内容」と判断されたそうです。

アンビリーバボーでは様々な心霊映像や再現ドラマなどが取り上げられているにもかかわらず、この「八木山橋」は放送されなかったのです。

偶然なのか? 怖すぎて本当に放送できなかったのか。

真相は闇の中・・・

八木山橋の歴史

八木山橋1931年に軍用道路として吊り橋が開通され、1965年に現在の形になりました。

1931年の吊り橋だった頃は飛び降り自殺が絶えなかったそうです。

また、事件事故や訪れる人物の悪戯を未然に防ぐ目的で警察も頻繁にこの場をパトロールしているそうです。

有名な心霊スポットであるため、実際に訪れてはしゃぎたいという気持ちは十分にわかりますが、他人に迷惑をかけて警察にお世話になることだけは控えてくださいね!

自殺者防止のフェンスを設置したが・・・

自殺者が多発したことにやいして、管轄する部署が事故防止のフェンス(1.2メートル)を設置します。

しかし、それでも自殺者は止む事はなく、今ものなお飛び降り自殺が続いているそうです。

さらに、管轄部署は改めて改修工事を行います。

今度は高さ約2メートルの有刺鉄線の鼠返しまで設置しました。

総合犠牲者数

現在に至るまで八木山橋で死んだ人数を合わせると100人以上だそうです。

事件事故を防止するために様々な策を施したのにもかかわらず、自殺者が減らないというのはほかになんらかの原因がありそうですね。

「八木山橋」での心霊現象

八木山橋ではいくつか怖い噂や心霊現象が報告されているので紹介したいと思います。

心霊現象①

橋を通り始める、左側を見ると白い服を着た女性が立っているのが見えた。

なんと、この女性は地面についておらず宙に浮いた状態だったそうです。

自分のことを見て手招きをしていたんだとか・・・

心霊現象②

手招きをする少年を見かける

フェンス近くでは手招きをする少年を見かけたという話もあります。

「八木山橋を通ると、少年が笑顔で手招きをしていた。それに気を取られていたら事故を起こしそうになった」なんていう噂もありました。

八木山橋では事故も多発しているとのことですが、もしかしたらこれが関係しているのかも知れませんね。

心霊現象③

八木山橋周辺を訪れると体調を崩す

人並み以上の霊感を持っている人物がこの場所を訪れると体調を崩してしまうそうです。

心霊現象④

車やバイクのブレーキが効かなくなる

八木山橋で事故を起こした人物の話によると「車やバイクのブレーキが突然効かなくなった」と証言する人物が多いそうです。

しかし、検査に回したところその車にはなんの異常もなかったんだとか・・・

怖い話①

八木山橋には「あの世いきのバスが来る」と噂されている。

橋を渡り終えた付近にはバス停があり、そのバス停は現在廃止になっているそうです。

怖い話②

謎の電話ボックスが出現する

ゲームの隠し要素みたい話ですね。

「バス停がまだ使われている頃に、バスを待っている人物かわからないが電話ボックスを使用している人を見かけたそうです。どこか不気味な雰囲気を出していたため、そのことを友人に話すと首を傾げたそうです。友人曰く、バス停付近には電話ボックスがなかったからなのです。」

八木山橋へのアクセス

是非訪れる際は事故や幽霊に気をつけて・・・