このところ、北海道や東京、大阪などで新型コロナの感染者数が増えています。


13日には全国で1695人の感染が確認されており、感染経路が解っている人のうちもっとも多い感染経路は「家庭内」です。

少し前までは、夜の街関連の感染が目立っていましたが、少し様子が変わってきたのかもしれません。また、感染経路が解らない人もいます。

とうとう、コロナの第3波なのか?と戦々恐々としているわけですが、その一方でGoToキャンペーンは継続中。

これからますます気温が下がること、湿度が下がることを考えれば第3波の山はどうなるのでしょうか。

GoToキャンペーンはどうなるの?

政府が推進する経済対策の目玉でもあるGoToキャンペーン。

旅行代金を補助するGoToトラベルや、飲食代を補助するGoToイートなどなど、トリキの錬金術のような一部の人たちの問題があるとも思える行動も話題にはなりましたが賢く使えばお得なキャンペーン。

これで助かった観光業や飲食業の方もいらっしゃることでしょう。

ただ…感染者がこれだけ増えている中で、このGoToキャンペーンは果たして継続するのでしょうか。

11月13日の時点ではGoToトラベルなどの中止や延期、一部地域の除外について政府や菅総理は否定しています。GoToイートの新規予約に関しては予算に達するため終了するとされていますが、GoToトラベルは「期間延長」の話まであるほど…。

もちろん、それだけ観光業が受けたダメージが大きかったということなのでしょう。ただ、人を動かして経済を回せば、接触する機会が増えることになり、感染者も増えるかもしれないのです。

経済対策と感染対策のバランスは非常に難しく、簡単には行かないようではあります。

会話をせずに食事?

飲食店などを救うためにはやっぱり利用することが一番。ですが、外食をするとなると会話をしながら美味しいものを食べたい…もの。

ただ、感染対策のことだけを考えるなら食事のときに「あまりしゃべるな」というんです。マスクをしたまま食事はできませんから(できるという人もいるそうですが)食事のときは外すしかない。となると、飛沫が飛ぶから「しゃべらずもくもくと食べろ」というわけ。

感染対策から見れば正しいのでしょうが、友人とのランチで一言もしゃべらず黙々と食べる…。これって、あまり楽しくはなさそうですよね(笑)

ただ、感染リスクを考えたらそれが良いわけですから難しいところ。

各自テイクアウトをして、オンライン飲み会のほうが気兼ねなく楽しめそうではあります。

新型コロナとインフルエンザの同時感染?

新型コロナとインフルエンザは症状が似ており、見ただけでは解りません。

今、症状がある場合は新型コロナとインフルエンザの検査をすることになるそうですが、その場でインフルエンザ陽性になった方の検査結果が翌日届いて見てみると、新型コロナも陽性だったというケースもあるんだそうです。

インフルエンザと新型コロナの同時感染についても論文が発表されており、どうやら同時感染するのは間違いなさそう…。

これからどうなるか解らない新型コロナと、今まで通り、冬になると流行するであろうインフルエンザ。どちらも怖い感染症ですからマスクや消毒を怠らないようにしましょう。

まとめ

新型コロナの感染者数が増加しています。第3波だ!と捉える人も多く、これから感染者数が増えることが予想されています。

もう、本当に他人事ではなくなった新型コロナ…。アメリカの製薬会社ファイザーのワクチンの有効性が確認されたという嬉しいニュースもありましたが、まだまだ気が抜けない日々が続きそうです。