今回の記事では、突如として姿を消した人物「レニー・マクレー」について紹介していきたいと思います。

この「レニーマクレー(クリスティーナ・キャサリン・マクドナルド)」はスコットランド人で1940年2月に生まれ、1976年(36歳)の時に突如失踪しています。

彼女には3歳の息子もいて、一緒に失踪を遂げています。

この事件は英国で最も長く続いている行方不明事件の1つとなっています。

この記事を紹介するにあたって、当サイトでは数多くの未解決事件や失踪事件について多く取り上げています。

興味のある方はぜひご覧ください。

「レニー・マクレー」の一連の事件

行方不明になる当日、夫と別居していたレニー・マクレーは、長男のゴードンを父親と一緒に泊まらせるため、別居中の夫の家まで車で送っていました。

もう1人の息子「アンドリュー」と一緒に、キルマノックの妹の家に車で向かっているところが最後の目撃証言となります。

そして、マクレーとアンドリューは目的地に到着することはなく、そのまま失踪を遂げました。

遺留品発見時の様子

マクレーの車は道路の待機場所に止められているところを発見されます。

車の中にハマクレーの血液型と一致しない血液が一面に飛び散っていました。なお、マクレーと車に乗っていたアンドリューの姿はもちろん遺体すらもありませんでした。

警察の捜査により、マクレーとアンドリューの実の父親である可能性が高い、既婚男性「ビル・マクダウェル」と関係を持っていたことが判明します。

マクレーの親友は、マクレーが行方不明になった時に向いていたのは妹の家ではなく、「マクダウェル」の元へだったと主張します。

最近、地元の人たちはマクレーの遺体とアンドリューの遺体が、A9の下に埋まっているのではないかと考え始めたそうです。

ある農家の男性は「遺体が埋まっている可能性」のある場所に丸を描いたそうです。

しかし、この事件の真相はわかっていないのです。

「失踪」と「行方不明」の正体

日本ではたびたび失踪や行方不明事件がよくおきますよね。

これらは別名神隠しとも呼ばれています。

この、正体は一体なんなのでしょうか?考えられる説を少しだけ解説していきたいと思います。

誘拐説

人の目につきにくい場所で人をさらった方が足がつきづらいため、誘拐犯は森や林などで人を狙うそうです。

森や林での誘拐の方がそうなんとして処理される可能性が高いため、誘拐犯は森や林を狙うんだそうです。

北朝鮮拉致

日本の子供を北朝鮮へ連れていき、工作員として育成する事件です。

かつて、日本では北朝鮮による拉致問題が重要視されていました。

最近では、自衛隊による海上警備が厳しくなっているため、今はあまり考えられませんね。

異次元説

何かが原因で今の世界とは別の次元に移動または飛ばされてしまったのではないかという説です。

一般的に考えたら非現実的かもしれませんが、神隠しの真相として一番信じられている説の一つでもあります。

森に熊の繁殖時期や縄張りに足を踏み入れてしまったことで熊を興奮させて捕食されたという説です。

これを証明するかのように、かつて、熊の胃の中からは人間の体の一部と思われるものも発見されているのも事実なのです。

まとめ

2019年に調査チームの刑事は失踪に関連していると考えられる77歳の男性を逮捕しました。

その後、殺害容疑として起訴されたそうです。

この人物が今回紹介した事件に直接的に関連しているのかは公表されていませんが、可能性が高いということは確かですね。

一刻も早く解決に至って欲しいですね。