世界的な都市伝説として多く語られているものがあります。

それが今回紹介する、人々の夢の中に現れる謎の男「This man」です。

今では、世界的に有名になりすぎて、「This man」の公式サイトが登場するまで話題になりました。

今回はそんな夢の中に現れる男「This man」について紹介していきたいと思います。

夢の中に現れる男「This man」とは?

引用:Wikipedia

もしかしたら、見たことある方がいるかもしれません。

この太い眉毛と分厚い唇。何とも特徴深い顔ですよね。

まず、この話が出始めたのは、とある精神病院での出来事が始まりになります。

2006年ニューヨークのとある精神病院の精神科医のもとに一人の女性が訪れます。

「一度もあったことのない男が何故か夢の中に頻繁に現れる」

という女性の相談を元に、夢の中に現れる謎の男の似顔絵を作成しました。

その数日後に、前回相談に来た女性と同じような症状を持った男性患者が現れたのです。

その男性にも似顔絵の作成を頼んだ結果、二人の人物が描いた似顔絵が大変に似ていることが判明したのです。

興味を持った精神科医が同僚たちにこの画像を送ったところ、ほかにも同様の似顔絵をかく患者が確認されたのです。

患者たちが全員そろって「This man」と呼び始めたことから、夢の中に現れる謎の男には「This man」と名前が付けられ、世界中で呼ばれるようになったといわれています。

世界各地から2000人ほどの目撃証言が寄せられているそうです。

This man」は夢の中で行うことは様々です。

This man との出来事

・「This man」と楽しく食事をした

・「This man」に相談に乗ってもらった

・「This man」に恋に落ちてしまった

This man」に追いかけられた

などなど、夢の中での出来事は様々です。

[amazonjs asin="4865437541" locale="JP" title="ディスマンの憂鬱 - 空想の中では秘密にされない (MyISBN - デザインエッグ社)"]

どうやって夢の中に出てきている?

結論から言うと人間はすでに人の夢を操れる技術を持っているそうです。

どうやって人の夢を操るのでしょうか?

電気信号で操る

人間に静電気ほどの微弱な電気信号(「This man」が入った映像)を流し、脳に記憶させることによって夢の中に出てくるといわれています。

身近なもので言うと、ATMやスマートフォンなどについているタッチパネルです。

このタッチパネルにあらかじ人間が触った時に電気信号を流せるように設定しておけば、自動的に人間の脳に入っていくそうです。

しかし、目的は何なのでしょうか?

もし、人の夢を操作し、相手に不利益な情報を夢として流すことができたらどうなるでしょうか?

例えば、敵国の兵士に対して、明日戦争をすれば致命的なダメージを受けるという情報を夢として兵士全員に流したら、多くの兵士が戦意喪失すると思いませんか?

このように、人間の夢を操ることにより、人を操作することが可能になるのです。

嘘だった「This man」?

多くの考察がなされましたが、実はこれはすべてが嘘だったのです。

この画像は、アンドレア・ナトレアというイタリアの社会学者の仕業によるものでした。

アンドレアはゲリラマーケティング(人々にばれないように宣伝すること)を専門としており、アンドレアは個人で広告代理店を営んでいました。

アンドレアのゲリラマーケティングの手法として、嘘の情報を作り、それを本当かのように流し、宣伝効果を調べるというやり方だったそうです。

This man」という映画のプロモーションのためだったそうです。

実際に、この「This man」という都市伝説は全世界で今でも語り継がれて、多くの話題を呼んだため残念がる人がたくさんいたそうです。

それだけではなく、この都市伝説自体嘘だったということを知らない人がたくさんいるそうです。

[amazonjs asin="B07NF55WN5" locale="JP" title="ハウスウェルネスフーズ ネルノダ 100ml×6本 機能性表示食品 "]

まとめ

いかがだったでしょうか?

私自身この都市伝説をかなり信じていて、楽しんでいたため、嘘だと知った時はかなりショックを受けました。

私のようにショックを受けた方もいると思います。

しかし、嘘の情報をずっと垂れ流すわけにはいきませんので、誰かとこの話を共有する時は一緒に嘘だったということを伝えてあげてください!