今回紹介するのは「パリ人肉事件」です。

この事件は1981年(昭和56年)フランスで起こった猟奇的殺害事件です。

犯人は日本人留学生の佐川一政であり、友人だったオランダ人女性をピストルで射殺し、死姦後に彼女の肉を食したというものです。

聞いたら分かるとおり、いかにもサイコパス的な事件ですね。

現在、この犯人の佐川一政は執筆活動や画家として活動しているそうです。

猟奇的殺人事件「パリ人肉事件」

1981年6月11日、フランスの首都に留学としてやってきていた日本人留学生佐川一政(当時32歳)が友人のオランダ人留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺します。

佐川一政はその後衣服を脱がし、死姦した後に遺体の一部を生のまま食べ、遺体を解体し写真撮影を行ったそうです。

さらに、遺体の一部をフライパンなどで調理して食べたそうです。

6月13日

遺体をスーツケースに入れブローニュの森の池に捨てようとしていたところを目撃され逃亡します。

目撃者が遺体を発見し警察に通報したところ二日後に逮捕されます。

なお、この事件以前に佐川は日本でも近隣に住むドイツ人女性を食肉目的で襲い逮捕されていたのです。

事件は父親の指示した示談金で告訴を取り下げられています。また、佐川は幼少期の頃から人肉食の欲求が芽生えていると語っているのです。

created by Rinker
¥400 (2020/10/31 11:38:55時点 Amazon調べ-詳細)

逮捕後の坂川一政

逮捕後、佐川一政は犯行を全面的に認めていました。

しかし、公判では「極度の心身疾患状態である」と認められ、不起訴処分となりました。つまり、無実となり精神病院へ入院することが決まったのです。

アンリ・コラン精神病院に入院し、14ヶ月後に国外退去同然に退院しました。

帰国後は東京都立松沢病院に入院しましたが、一年半程度で退院しました。

松沢病院で診断した結果、佐川一成は精神病患者ではなく刑事責任を負える状態であると判断されます。

日本の警察は佐川の起訴を検討したものの、フランス側が捜査資料の引き渡し拒否したため断念

佐川一政は4年ほどで社会復帰を果たしています。

現在の佐川一政

現在は、作家としてこの事件に関する著書などを発表。

created by Rinker
¥1,248 (2020/10/31 11:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

その他、映画に出演したりコメンテーターをやったりと色々なことに挑戦しているそうです。

佐川一政の逸話

佐川一政の逸話

松沢病院退院後に大喜利に出演するため落語会にゲストとして出席した

楽屋に踏み入った瞬間、重苦しい雰囲気に包まれた。

佐川を楽屋全員で監視するかのようであったと、当時の関係者が語ったそうです。

テーブルに置かれた差し入れのお菓子を前に「これ、私も食べてもいいですか?」と言葉を発した瞬間全員がびくりと反応しました。

そして、佐川が「この肉、硬すぎてあんまり上手くないですね」と感想を述べると張り詰めた空気が再び現れたそうです。

人肉について

人肉の味について研究した人物がいたそうなので、その人物の発言を一部紹介したいと思います。

人肉の質感は「牛肉のような質感でラムっぽくもあった」

人肉の味に関しては「足の筋肉は脂肪分がすくなく、赤身肉である」

「人にもよるが足の筋肉は鳥の胸肉と半分くらい同じような筋肉」

「牛肉の繊維にも似ている」「食感としてはしっかりしている」と推測しているそうです。

まとめ

これが「パリ人肉事件」についてです。

食人と言う人間が踏み込んではいけない領域に踏み込んでしまった「佐川一政」

彼曰く、「何よりも美味しかった」と語っています。

人肉は栄養価も高く美味しいと言われています。

一昔前の中国では食人は文化であり、認められている地域もあったそうです。

不気味なのは男性器を食べると言う文化もあると言うことです。

その男性器に関しての記事は当サイトでも紹介しているので興味のある方はぜひ読んでみてください!