デスコア・デスメタルの悪魔的・怪物スクリームボーカル集

その名の通り、死や地獄などをテーマとした音楽であるデスメタル。

重く激しいサウンドはもちろん怪物のように叫ぶ(スクリーム)ボーカルも特徴的です。

今回は、デスメタルやそのサブジャンル・デスコア界隈の悪魔的・怪物スクリームボーカルを紹介します。

Alex Terrible/Slaughter to Preveil

ロシアのデスコア・Slaughter to Preveilのボーカル・Alex Terrible

2019年頃、日本でも彼がカバーする「We Will Rock You」の動画がバズっていたのを知っている人も多いでしょう。

彼のスクリームは何といっても類を見ないほどの迫力です。

動画を見てもわかる通り、生声でこの迫力。2020年に来日しましたが、その際はマイクを外してスクリームする場面が話題となっていました。

2020年現在でまだ27歳と若いボーカルですので、今後も楽しみですね。

Phil Bozeman/Whitechapel

デスコアバンドの中でも、もはや大御所となったWhitechapelのボーカル、フィル・ボーズマン

ボーズマンは華奢な体つきからは想像できないほど力強いスクリームを出します。低音域から高音域、ガテラルやトンネルスロートといった特殊なスクリーム、ラップ調の早口スクリームまで完璧なテクニック。

ライブでのパフォーマンスも抜群で、音源以上ともいえる精度のスクリームを聴くことができます。

Dan Watson/Enterprise Earth

現在、デスコアバンド・Enterprise Earthに所属しているDan Watson

過去には変態バカテクデスコアバンド・Infant Annihilatorに所属しており、脱退から8年経った今でもその怪物ボーカルぶりは健在です。

ガテラルやグロウルといった低音域のスクリームには厚みがあり、音源でもライブでも迫力があります。

現在のバンドEnterprise Earthではシンプルなスクリームを多用するようになっており、貫禄が出てきたともいえます。

Dickie Allen/Infant Annihilator

変態バカテクデスコアバンド・Infant Annihilatorの現ボーカル・Dickie Allen

彼は何といってもトンネルスロートと呼ばれる、モゴモゴした独特の倍音を含むスクリームが魅力で、常人ではなかなか出せない凶悪な音色が特徴です。

早口や難解なリズムのボーカルワーク、途方もないロングトーンなど、技術面も圧倒的。

この動画の4:48ぐらいから約20秒息継ぎなしのパートがあるのですが、スクリームボーカル界隈のTwitterでは、そのパートに挑戦する「Blasphemianチャレンジ」なるものが流行していました…。

CJ McCreery/ex.Signs of the Swarm・Lorna Shore

大注目のデスコアバンド・Signs of the SwarmLorna Shoreを渡り歩いてきたCJ

彼の低域のトンネルスロートはまさに人外ともいえる響きで、独特のこもった音色は怪物そのもの。

Signs of the SwarmからLorna Shoreに移籍になり、来日も予定していましたが直前にバンドから脱退。

ガールフレンドへのDVの噂もありましたが、その真偽はわかっていません。

Hunter Madison/Hunt the dinosaur

プログレッシブデスコア・Hunt the dinosaurのボーカル、Hunter Madison

前述のボーカルたちのような凶悪さはありませんが、早口でひたすらまくしたてるラップ調のスクリームはまさに変態です。

王道のデスコアとは一味違った魅力が詰まっており、ハマる人はとことんハマるのではないでしょうか。

Gregory Gilbert/Shrine of Malice

US産ブラッケンド・ブルータル・デスコアバンドShrine of Maliceのボーカル、Greg

トンネルスロートや低音域のスクリームは発展途上ですが、ホイッスル混じりの高音スクリームは狂気的

そしてこの完成度で彼はまだ10代。これから大注目のバンド・スクリームボーカルの1人です。

余談ですが、彼のTwitterはガールフレンドらしき女性との惚気ツイートが多くて可愛いです。

スクリームボーカルは怪物ぞろい

デスコア界隈のスクリームボーカルは近年どんどんレベルアップし、怪物ボーカルが続出しています。

海外だけでなく日本国内にも良いスクリームボーカルがたくさんいるので、興味がある人はぜひ調べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。