皆さんは海が好きですか?

前回「船の乗員が謎の失踪を遂げた「メアリー・セレスト号」の真相」について紹介したのを覚えていますか?

もし、まだ読んでいないという方がいましたら、下記のリンクから飛んで読んでみてください!

今回紹介する「オーラングメダン号事件」という事件は、「メアリーセレスト号」と同様に本物の幽霊船だと言われているのです。

本物の幽霊船の真相について知りたいという方は是非最後までお楽しみください!

マラッカ海峡上で無線信号を受信

1948年。

航行中のアメリカ国籍のシルバースター号はインドネシアのマラッカ海峡でひとつの無線信号を受信します。

その無線信号の発信源はジャカルタへ向かって航行中だったオランダ籍の商船「オーラング・メダン号」からのものでした。

この無線を発した人物が無線技師のラビットという男でした。

無線内容

自分以外の人間が全員血を吹き出して倒れてしまっている。どうにか助けてあげてほしい。

というものでした。

この無線の内容に不信感を持ったシルバースター号は「オーラング・メダン号」の救助へ向かうことにします。

3時間後の出来事

無線受信から3時間後、ようやくオーラング・メダン号を発見します。

シルバースター号は拡声器などを使い呼びかけを行います。

しかし、甲板を目視するも乗組員の姿を発見することができなかったのです。

オーラング・メダン号の内部は地獄そのものだった・・・!

オーラング・メダン号へ乗り込み、船の内部の様子を見回ったところ、まるでここは地獄なのではないかと思わせるような光景が広がっていました。

そこに広がっていた驚きの光景とは!?

・何かに驚き、凄まじい形相で死体となって横たわっている

・ペンを握ったまま死んでいた

・何かに驚いたような体勢で死んでいた

・前方へ「カッ」と目を見開いたまま死んでいる

・虚空を掴むような姿勢で死んでいる

・1人残らず全員干からびて固まっていた

しかも、このような状態だったのは人間だけではないのです。

船内で飼っていた犬までもがミイラかの死体になっていたのです。

不思議なことに、ここまでの状況なのにも関わらず彼らの死体に外傷が一つも見つからなかったのです。

それだけではなく、船自体にも何の外傷もなかったのです。

突然の出火

このようなオーランド・メダン号の船内の様子を見た人たちは、得体の知れない恐怖を覚え全員の間に不穏な空気が流れ始めます。

この船の中で一体何が起きたというのか。誰も知る由もないのです。

確かなことはこの船ではおかしなことが起きているということだけなのです。

全員がこの船内の状況を理解することができおず途方に暮れると同時に恐怖を感じていたことでしょう。

そして、この船がまずしっかりと動作し航行が可能なのか調べる必要があると考えた人たちが船室の入り口を開けようとします。

すると突然、なぜか機関室の方から出火します。

「ボン!ボン!ボン!」と機関室付近から爆発音が聞こえ始め、命の危険を感じた人たちがどんどん救命ボートに乗り込み、オーランド・メダン号から離れます。

すると、オーランド・メダン号は大爆発を起こし、瞬く間に海のそこへ沈んでいってしまうのです。

まさに、間一髪と言える状況だったでしょう。

まとめ

後日、調査が行われたのですが詳しい沈没原因などは特定することはできず、「何らかの突発的要因によるもの」として片付けられてしまったのでした。

乗組員の死因やあの謎の現象は船が炎上し爆発、沈没してしまった以上決定的な手がかりなどは発見することができませんでした。

そのため、現在はこの事件のほとんどが謎に包まれたままになっているのです。