毎年、冬になるとインフルエンザが流行しますよね。手洗いやうがいをしましょうねといろんなところで呼びかけられるわけですが、インフルエンザが流行した位で大騒ぎする人はいません。

インフルエンザや風邪、食中毒など私たちを時々苦しめるのが、ウイルスや細菌です。人間の身体に悪影響をもたらすウイルスや細菌の怖い使い方があるんです。

生物兵器とは

ウイルスや細菌などの中で、人間に害を及ぼすモノを利用して作られる兵器を生物兵器といいます。

生物兵器はジュネーブ条約で禁止されていますが、以前はアメリカやソ連なとで開発されていました。ジュネーブ条約で禁止されているから「今はもうないんでしょ」と思ったらそれは、大きな間違い!

北朝鮮は、生物兵器に使用できるウイルスや細菌を保有しているという報告もありますし、ロシアでは1992年まで生物兵器の開発が行われていたと言われています。

開発をやめても、ウイルスや細菌が地球上からいなくなるわけではありません。保管されて今では研究施設となっているところもあるようです。

参考資料:天然痘ウイルス保管の研究施設で爆発、「脅威なし」 ロシア

北朝鮮、13種類の細菌兵器を保有か 韓国国防省の報告

生物兵器が使われたら・・・どうなるのかを考えてみた

有害なウイルスや細菌を敵国にばらまいて混乱させる・・・生物兵器はそんな兵器です。核兵器のように強烈なエネルギーで、爆心地付近のなにもかもを吹き飛ばしてしまうようなものではなく、じわじわとだけど確実に相手を苦しめることができるのが生物兵器の怖さです。

発症するまで解らない

まず、ウイルスも細菌も目に見えません。ですから、いつ生物兵器で攻撃されたかが解りません。感染した人が発症してパニックが起きて初めて「病気が流行している」ことが解ります。

そして、そのウイルスも細菌も、有害な毒素を作り出すために開発されたもの・・・感染力が高かったり致死率が高いことも当然考えられます。

次々と広がっていく

爆弾のようにどーんと爆発して終わり・・・ではないのが生物兵器の怖いところです。

生物兵器は、病気ですから一度ばらまくと何もしなくても勝手に広がっていろんな人の命を奪っていきます。物理的な攻撃では、絶対に手が出せないようなところまで、ウイルスや細菌が入り込んでいく可能性もあります。

感染を恐れて人はパニックになりますし、経済にも大打撃を与えることになります。つまり、最初に感染者を出しておけあとは放置!それだけでネズミ算のように増えていく・・・感染力が強いウイルスや細菌ほど、より混乱は大きくなっていきます。

今の社会システムだと生物兵器の攻撃は広がりやすい

交通手段が発達している今の世の中の場合、生物兵器の被害はより広範囲に及びます。

人がウイルスや細菌を運び、そして、増殖していくわけですから、移動手段が限られていた時代より生物兵器の被害が広がりやすいことは想像に難くありません。

テロリストが生物兵器をほしがっていた?!

テロ組織のアルカイダや生物兵器を手に入れるために活動していたという報告もあります。

もし、アルカイダが生物兵器を手に入れてアメリカを攻撃していたら・・・世界中がパニックに陥っていたことでしょう。核兵器や爆弾とちがって、普通の生活の中に知らない間に入ってくるのが生物兵器です。

実際に、テロリストは核兵器と同じくらい生物兵器を手に入れる事に力を注いでいたとも言われています。

インフルエンザですら、流行したらニュースになるのに、それよりもっと感染力が強く死亡率が高いウイルスや細菌が知らない間にばらまかれていたら・・・。生物兵器の場合、満員電車に一人、ウイルスを持った人間が紛れ込むだけでいいわけですからバイオテロは、現代社会の大きな脅威であることは間違いありません。

テロリストもそれをよく解っているのでしょう・・・。

参考資料:核や化学兵器より「生物兵器」が恐ろしいワケ 21世紀の「超兵器」になる可能性もぱ

 

北朝鮮の生物兵器

テロリストが生物兵器を手に入れようとしていた・・・わけですが、現時点でテロリストが生物兵器を持っているとか、使用したという報告はありません。

でも、私たちのすぐ近くの国。北朝鮮は、生物兵器を持っているとされていて、13種類の生物兵器をすぐに武器として使える状態で持っているとも・・・。

 

米科学者連盟(FAS)も、北朝鮮は「一定量の毒素やウィルス、細菌兵器の菌」を生産できる能力を持ち、化学兵器(サリンや金正男氏の暗殺に使われたVXガスなど)についても開発プログラムは「成熟」しており、かなり大量の備蓄があると分析する。米国防総省も、「北朝鮮は生物兵器の使用を選択肢として考えている可能性がある」

引用:北朝鮮の「生物兵器」は、どれほどの脅威なのか

と指摘しています。

ミサイルや核開発についつい器を取られていますが、北朝鮮が生物兵器を持っている事は、あまり気持ちの良いものではありません。

まとめ

ウイルスや細菌を兵器にする生物兵器は、ジュネーブ条約で禁止されていますが、今でも地球上に存在しています。

攻撃されても発症するまで解らないこと、移動手段が確立されている今の時代はパンデミックが起こりやすいことなどから、生物兵器は核兵器より危険という人もいるほどです。

こんな恐ろしい兵器が使われることがないように願うばかりです。