今回は今もなお謎が多く残されている未解決事件について紹介したいと思います。

この事件では、とある男性が「YOGTZE」と書き残し失踪を遂げました。

その後、遺体となって発見されました。

今回の記事はこの未解決事件について詳細に紹介していきたいと思います。

【未解決事件 】男が書き残した「YOGTZE」の意味とは??

1980年代のドイツ。

ドイツ人である「ギュンター・ストール」は自分の心の中にある妄想に苦しめられていました。

食品会社の技術者として働いていましたが、本人の意思に反して膨らんでいく妄想によって苦しんでおり、仕事が手につかなくなり仕事を失ってしまいました。

無職となった「ギュンター・ストール」は家に引きこもるようになり、妄想も悪化していき、彼は次第に謎の人物「彼ら」の存在を言及するようになります。

謎の存在「彼ら」

無職となった「ギュンター・ストール」は次第に謎の存在「彼ら」についてを口に出すようになります。

「ギュンター・ストール」は名前も素性もわからない「彼ら」「あいつら」に付きまとわれていると言及したり、監視されていると訴えるようになります。

妻は何が何だか理解することができませんでした。

妄想に取り憑かれじわじわと壊れていってしまう彼を妻は心配していました。

しかし、状況はか良くなることはなくむしろ悪化の道を辿っていってしまうのです。

そして、彼の謎の行動によって最悪の事態を招いてしまうのです。

謎のメモ「YOGTZE」

1984年10月25日のよる11時頃、ギュンターは「ついに手に入れた!!!」と叫び「YOGTZE」というメモを残しました。

補足情報

一説では椅子に書き記したとも言われている

このメモはドイツ語でもなければ、他の言語にも当てはまらず今でもこのメモの意味はわかっていません。

彼はこのメモを記した後、家を飛び出し車を運転し行きつけのパブへ向かうのです。

カウンターでビールを飲み始めると、彼は突然フロアへ倒れ込んで顔を負傷します。

目撃証言

「彼は酒に酔った感じではなく、突然意識を失ったように見えた」とのこと

しばらくして目を覚ましたギュンターは、店を後にし車を走らせます。

日付が変わった10月26日の深夜1時頃、パブからかなり離れた場所にあるハイガーゼールバッハという街に住んでいる老婆の家を尋ねます。

老婆の家で語ったこととは・・・?

ハイガーゼールバッハという街に住んでいる老婆の家を尋ねます。

この老婆は幼い頃から顔馴染みであったそうです。

そして、この老婆にこのようなことを話します。

「今夜、恐ろしい事件が起こるんだ」

彼は、ドア越しに訴えかけていましたが、老婆はこんな夜遅くに支離滅裂な言動を繰り返す男に警戒します。

「実家に帰って両親に話を聞いてもらいなさい」

そう促すと、彼は大人しく従い老婆の家を後にします。

しかし、彼は実家に向かう前に何らかの事件に巻き込まれます。

1台のフォルクスワーゲンが事故を起こした。

老婆の家から100kmほど離れた高速道路上で一台のフォルクスワーゲンが事故を起こしているところを通りすがりのトラックドライバーに発見されます。

この時、事故現場付近に白いジャケットを着た男を目撃されましたが、すぐに姿を消してしまいます。

ドライバーが事故車両の中を確認すると、助手席に裸の男性が瀕死の状態で倒れているのが見つかりました。

その男こそが「ギュンター・ストール」だったのです。

ドライバーたちは彼に向かって話しかけます。

「大丈夫か!何があったんだ?」

「一緒にいた4人の男は逃げてしまった」

「4人は友達か?」

「私の友達じゃない」

通報により救急車が駆けつけ、瀕死状態の彼を病院に搬送。

しかし、病院にたどり着く前に彼は息を引き取ってしまいます。

警察の捜査によって不可解な点がいくつも浮かび上がる

警察の調査によると、事故に合う前に彼は重傷を負っていたことが明らかになります。

警察の発表

・ギュンターは寒い10月の下旬にも関わらず、どこかで服を脱ぎ裸の状態で車に轢かれた

・何者かが重傷を負ったフォルクスワーゲンの除す席に乗せて運転

・発見現場で事故を起こし、犯人はその場を立ち去った。

まとめ

果たして、犯人はあの事故現場付近にいた「白いジャケットをきた男」なのでしょうか。

彼が死に際に発した「一緒にいた4人」のことについては未だにわかっていません。

彼の残したメモの「YOGTZE」にも諸説ありますので、最後に紹介したいと思います。

メモの諸説

①Oは数字の0、Gは6、Zは2、つまり「Y06T2E」で車のナンバープレート意味している。

②「YO6TZE」はルーマニアのラジオ局の登録番号と一致

③YOGはヨーグルト、TZEはヨーグルトによく使われる香料を意味する

この一件はドイツの犯罪史の中で、最も謎に包まれています。