今回は中国で起こった未解決事件について紹介していきたいと思います。

この事件の裏には大きな権力が働いていたとも言われており、たくさんの話題を生んでいます。

もし、このような陰謀系の未解決事件に興味がある方は最後まで読んでいただければ楽しめると思いますので、是非最後までお付き合いよろしくお願いします!

【未解決事件】中国美人ホステス殺害事件

2005年11月13日に中国北京のとある高級マンションで当時26歳の「リャン・ハイリン」が何者かによって殺害されました。

「リャン・ハイリン」が殺害されていた現場は恐ろしいほどに酷い状態だったそうです。

現場には血が飛び散りるほどの暴行が加えられていた跡があり、最終的には首を絞められて殺されていました。

当時この事件は大きな注目を浴びることになりました。

なぜかと言うと、被害者が働いていた店は北京で最も有名なナイトクラブ「天上人間」でそこで働く被害者は不動の人気を誇るNo. 1ホステスだったからです。

犯人はただの一般人ではない可能性がある

被害者を殺した犯人はただの一般人ではない可能性があるのです。

なぜかと言うと、北京では屈指の人気を誇る「天上人間」は一般市民が気軽に出入りが出来る店ではなかったからです。

もし、この店を予約するとすると「10,000元(日本円=150,000円以上)」かかるとされていたからです。

この店の客層を少し調べてみると、大手企業の役員(重役)の人間や中国共産党の有力者、そして海外のVIPの人物ばかりだったそうです。

夜になると黒塗りの高級車が店の入り口を固めていたと言われています。

そんな一流の店でNo. 1を獲得していたのが今回の被害者「リャン・ハイリン」だったのです。

「リャン・ ハイリン」について

被害者である「リャン・ハイリン」は河北省出身で17歳からこの店で働き始めていたそうです。

身長は172cm、体重45kgという抜群のスタイルと、圧倒的な美貌と話術を使い不動のNo. 1を「天上人間」で確立したのです。

なんと、彼女と話すだけでも「5000元(日本円=80,000円)」が掛かったとも言われているのです。

向けられた疑いの目

そんな彼女を殺した犯人として、まず当初交際していた二人の男性に目が向けられました。

この二人の男は「ヒモ」であり、お金目的で殺害したと推測されましたが現場には金目のものが残っていたことから犯人である可能性は低いと断定されました。

また、「天上人間」の関係者にも疑いの目を向けるような報道があったものの、捜査が進むにつれてアリバイの怪しい人物が出てこなかったことから、この事件は迷宮入りとなりました。

考えられる犯人の犯行動機

先ほど上記の見出しでも紹介した通り、この店は一般市民ではなく海外のVIPや国内の政府関係者などが出入りしていると言いましたね。

確かに、この店は政府幹部職員の顧客を持っていたらしく、何らかの理由でこの被害者の女性が機密情報を知ってしまい、その漏洩を防ぐために要人や政府関係者が暗殺を決行したのではないかという説があります。

この「天上人間」には政府高官を専用に接待するVIPルームなども存在しており、主に中国共産党高級幹部の関係者などが出入りしていることも明らかになっているのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この事件には確実に裏の力が働いていますね。

事件発生の5年後の2010年5月に「天上人間」は管理売春を営んでいた容疑や消防法違反などの営業停止処分を受け、その後は閉店したそうです。

事件発生から15年経つ今でも犯人の断定がつかないということは、本当に大きな権力を持った者の計画と犯行の可能性も否めないですよね・・・